主婦

お風呂にも浄水器を取り付けよう|綺麗な水で汗を流す

形状によるメリット

風呂ふたの形状には、シャッター型、折り畳み型、組合せ型の3種類があります。シャッター型と折り畳み型は安価で軽量コンパクトなのが特徴です。一方、組合せ型は掃除がしやすく、保温力が高く、高級感があるのが特徴です。

種類が豊富

風呂ふたには主に4つの種類があります。シャッタータイプ・折りたたみタイプ・組み合わせタイプはプラステッィク製なので、お風呂用洗剤とブラシ・スポンジで掃除を行います。ヒノキなど木製のふたの場合、乾いたタオルで水分を取る程度で十分です。

お風呂の必需品といえば

風呂ふたはお風呂の好きな日本人にかかせないアイテムです。保温効果だけでなく、節約やエコのためなにも使用しています。軽量化や抗菌加工がすすみより良く使用できるものが増えてきました。お家の風呂に合わせてオーダーメイドも可能です。

肌に優しい水

作業員

安心して利用可能です

日本の水は安全性が高いと言われていますが、塩素などの薬剤によって殺菌や消毒を行われています。塩素を使うことによって、安全性は高まります。しかし、臭いや健康への影響を懸念して、水道水を飲み水や料理に使う場合には浄水器を設置したり、ミネラルウォーターを購入する人がほとんどです。このように、身体に入る水は多くの人が気にしているにもかかわらず、お風呂に浄水器を設置するひとはまだごくわずかです。しかしながら、お風呂で使用する水にも塩素は大量に含まれていることから、皮膚が弱い赤ちゃんやアトピーなどの皮膚炎があるひとによっては、刺激になってしまうのです。それ以外にも継続して使い続けることによって、普通肌の人も乾燥肌へと変化させてしまう場合もあるのです。また、塩素以外にも老朽化した水道管を水が通ることによって、錆もそのまま流れてくるのです。トリハロメタンといった発がん性物質も含まれていることから、毎日のお風呂から肌に受ける影響はとても大きいのです。肌ばかりでなく蒸気によって有害物質は粘膜に張り付くなど様々な弊害が生じます。これらの有害物質から身を守るためにはお風呂にも浄水器の設置が求められるのです。設置方法はシャワーヘッドを交換するタイプや蛇口に設置するタイプなどが代表的です。費用は数千円から数万円と幅が広く、フィルターの交換サイクルや機能によって価格が異なります。シャワーヘッドを交換する浄水器のタイプはすぐに設置ができる手軽さがあります。