お風呂

お風呂にも浄水器を取り付けよう|綺麗な水で汗を流す

種類が豊富

レディ

効果や掃除法を確認

風呂ふたには大きく分けて、4つの種類があります。それぞれのタイプによって、形状に違いがあるので確認しておきましょう。現在、最も普及していると言われているのが、シャッタータイプの風呂ふたです。シャッタータイプはクルクルと丸めて、コンパクトに収納する事が出来ます。軽く取扱いやすいという事もあり、お子さんや高齢者のいるご家庭におすすめです。ただ、丸める事ができるように深い溝がある事から、そこに汚れなどがつきやすい傾向にあります。シャッタータイプ専用のブラシで掃除すれば、溝部分も手軽にキレイに出来ます。シャッタータイプと似ている折りたたみタイプは、シャッタータイプよりさらにコンパクトに収納できる事から、単身世帯のお風呂に使われています。プラスティックで作られているので、お風呂用洗剤とスポンジを使えば簡単に汚れを落とせる風呂ふたです。より汚れがつきにくい風呂ふたをという場合、組み合わせタイプを選びましょう。組み合わせタイプは表面がフラットになっています。でこぼことした部分が少ないので、ブラシやスポンジでサッと掃除するだけです。3タイプの風呂ふたはプラスティックで作られているので、ブラシやスポンジで掃除する事ができますが、ヒノキなど木製の風呂ふたは掃除法を変えなければいけません。ヒノキなど木製の風呂ふたの場合、ブラシやスポンジでゴシゴシ擦ると傷が出来る原因となります。乾いたタオルで水分を取る程度で、十分掃除として効果的です。通常、カビとり用洗剤やお風呂用洗剤も使用せず、昼間は窓を開けておくなどして自然乾燥させるのが、木製ふたの掃除方法になります。木製のふたはヒノキなどの香りがするので、リラックス効果があるとして、人気となっているようです。