お風呂

お風呂にも浄水器を取り付けよう|綺麗な水で汗を流す

形状によるメリット

女性

生活スタイルに合わせて

お風呂の温度が下がるのを防いでくれる風呂ふたには、いくつかの種類があります。シャッター型、折り畳み型、組合せ型の3つの種類がありますが、それぞれに特徴がありますので、その特徴から自分の生活スタイルにあわせた風呂ふたを選ぶようにしてください。シャッター型の風呂ふたは、丸くまとめることができコンパクトで軽量なことが特徴です。老人や力のない子供でも簡単に開け閉めすることができることがメリットで、くぼみがあることから汚れやカビが付着しやすいのが難点です。最近ではシャッター型でも従来の台形のパーツを組み合わせたものから三角形のパーツの組み合わせをしたものが出てきて、くぼみが少なくなったり、更にコンパクトに巻き取ることができるようになったものがあります。防かび・撥水加工がされているものを選ぶとより汚れを防止することができます。折り畳むことによって幅を取らないで最もコンパクトに収納することができるのが折り畳み型の風呂ふたです。見た目もオシャレなものが多く、少しだけ折り畳んでおけば蓋をした状態でお風呂に入ることができ、半身浴にも最適です。窪みがほとんどないため掃除がしやすいと評判の組合せ型の風呂ふたは、保温力も高いことも特徴です。賃貸住宅ではほとんどみることがない組合せ型の風呂ふたですが、高級感のある浴室にはほとんど組合せ型が使われているように注文住宅や分譲マンションの浴室でよく利用されています。