お風呂

お風呂にも浄水器を取り付けよう|綺麗な水で汗を流す

お風呂の必需品といえば

浴室

昔から活躍する保温機能

日本人はお風呂が好きと世界でも有名です。特に湯船に長く入るのは日本特有の入り方といえます。ゆっくり湯船に入ることは1日の疲れをしっかり癒すことができます。そんなお風呂にかかせないのが風呂ふたです。昔は、火を焚いてお湯を沸かし、その温かさが失われないように風呂ふたを付けていました。現在では、ガスや電気の普及により簡単にお湯を沸かすことができるようになりました。ほとんどの家庭が湯沸かし機能を搭載したお風呂となっています。しかし、そんな中でも風呂ふたの需要は高くあります。これは、電気代の節約やエコ意識や半身浴効果の増強などにも使うことができています。最近では風呂釜の保温性が上がり、風呂ふたをしていれば、追い焚き機能を使わず何時間も保温効果が続くようにもなりました。昔は木の板で作られた風呂ふたが主流でしたが、重みがあるため、現在では軽いふたが人気です。蛇腹様の物と、二つ程に分かれたふたの2種類のタイプが主流です。どちらも軽量化、保温機能の充実が進み、使い勝手に大きな差はありません。以前はお風呂にふたを放置しておくと、カビの心配がつきものでした。しかし、抗菌機能付きであったり、蛇腹の物だと水はけが良いように構造を変化させた物が出てきたお陰でカビの心配も少なくなりました。お風呂の中大きさによってふたにも違いが出るため、オーダーメイドの風呂ふたもあります。これでお家のお風呂にあった物を購入することができますね。機能が向上した風呂ふたで楽しいバスタイムを過ごせること間違いありません。